看護・ナース

看護師が持っておきたい聴診器について

おはようございます!今日は夜勤明けの次の日で休みなので書いていきたいとおもいます。

今回は、僕たち看護師なら誰もがもっている聴診器 についてみていこうと思います。

懐かしいですねー。自分が病気になって病院に行ったら、お医者さんって必ず聴診器

で胸の呼吸音とか聞きますよね?あの聴診器をマイ聴診器として持てるなんて、、。

と胸が躍った記憶を思い出します。

さて、前置きはこれぐらいにして、このような構成で紹介していきます。

①結論、聴診器はどれを選んだら良いのか
②理由
③まとめ 結論

①結論、聴診器はどれを選んだら良いのか

個人的な意見になりますので、賛否はあると思います。僕が選ぶ聴診器はダントツで

リットマン聴診器 です。かなり有名なので医療従事者の方、知らないって方いないのではないでしょうか❓

ちなみにこの写真のグリーンを愛用しています。

値段にして12000円ほどです。リットマンはとにかくその値段の高さから

そこまで高いのはいらないから、もっと安いのでいい と言われる方います。

しかし、1度買ったら恐らく一生のパートナーになってくれます。個人的には

一生ものなのだからそれくらいの投資はしましょう、という意見です。

こちらの聴診器もリットマンです。1枚目と形が違いますが、好みで選ぶとよいです。

②理由

僕がリットマンを押す理由ですが、もちろん値段は高いですがそれだけの価値あり、と思います。

機能面

聴診器の役割としては、肺やお腹の音を聴く なのですが、リットマンは拾った音を高い

質で耳に届けてくれます。そのため気密性の高いイヤーチップを採用されています。

僕も初めて耳にはめたときに、その付け心地の良さにびっくりしました。また、聴診は

患者さんの身体の異常を早期に発見するためには必須です。音の質はとても大事だと思います。

ヘッドの部分にも高い技術が施されていますので、高低周波の音の聞き分けも容易です。

チューブの部分も柔らかくなっていて非常に使い勝手が良いですねー。

あとはやっぱり見た目というか、ファッション性もリットマンにはあります。

看護師の制服も昔は白衣だったイメージが、今ではおしゃれなものが多いです。

カラーもレッド、ブルーなど多彩であり、その辺はリットマンの聴診器もカラーの

バリエーションが豊富で非常にマッチしていると言えます。

③まとめ 結論

ここまでリットマン聴診器の魅力について述べてきました。別にリットマンのメーカー

の回し者ではないのですが(笑) やはり僕はリットマン一押しです。

確かに値段だけみたら、最安値でも10000万円近くします。僕の病院の医師は

50000円くらいのリットマン(笑)

僕たち看護師が扱う分では、先に紹介した物で十分です。やはり一生使っていく物

であること、たいていのことがない限り壊れることもないでしょう。

劣化するとしてもイヤーチップでしょうし、数百円で交換できます。

また、それなりの聴診器を使うことで、仕事へのモチベーションも上げてくれると

いうものです。

カタログを見ながら、どの形にしようかな❓どのカラーにしようかな❓と聴診器を選んで

いるときが一番楽しいです。10000円は高いのかもしれませんが、正しい投資なので

是非おしまないでほしいと思います。というか、看護師人生で備品の購入としては1番

高いたった1度の買い物では、と僕は思います。

この辺で聴診器に関しては終わろうと思います。これから、聴診器の購入を検討されている

方、是非!参考にしてみてください。