看護・ナース

看護協会・看護連盟とゆう宗教的組織

マイハー

こんにちは、マイハーです。

今回は、看護連盟と協会について書いていきます。

冒頭からいきなりですが、看護師の9割はこの連盟・協会に

悪印象をもっています。

看護師なら皆が団結して強い組織ができるではないか?

このように思いがちですが、僕たち看護師からすると意味不明な

活動や要求が多々あります。

詳しく解説していきます。

目次

①協会・連盟への強制入会

②政治へ看護師が与える印象

③お金お金

④宗教でしかない

⑤メリットがない

⑥まとめ

①協会・連盟への強制入会

この看護の組織に入会すると年会費というものがかかります。

考えてみてください、普通は会費などのお金が発生する場合の会員登録は任意のはずです。

しかし看護協会は大体の病院では、勝手に入らされたり、強制的に入会をさせられます。

しかも看護協会と看護連盟は別物なのですが、この連盟にも同時に入会させられます。

看護に関して全く無知な方でも、すでに印象が悪いですよね・・・

看護学生時代にはこのような事実は教えられませんし、メディアなどでもたまに看護連盟は出てくることは

ありますが、闇の部分は全くでてこない。当たり前でしょうが・・・

②政治へ看護師が与える印象

現在国会の衆議院、参議院、ともに数名の看護師上がりの議員が活躍されています。

「看護師の待遇改善」「看護師不足への対策」など、僕たち看護師にとってとても大切な内容です。

是非ともがんばってもらいたいのですが、国会では看護師の事情などまだまだ蚊帳の外なのです。

もちろん看護師不足なんかは国の深刻な問題のはずですが、他にも優先したい問題があるのでしょう。

しかしもう何年も同じような訴えを起こしているのになぜ何もかわらないのか?

答えは簡単です。看護師が団結して国に訴えないからです。

先ほど書いた看護協会・連盟の話です。強制入会を強いられても入会を拒否する強者もいる他、

たとえ入会しても政治の醍醐味である選挙、これに票を集めなくてはなりません。

どうでしょう?強制的に入会させられて印象の悪い看護の政治、入会を強いられた上に

自分の時間をつかってまで投票にいきますか?

行きません

なので看護師議員を推薦する票は看護協会・連盟の会員数にしてかなり少ないです。

何とか看護師議員も票のボーダー数をこえて当選を果たせていますが、本来なら全国の看護師が団結できれば

とんでもない票数で国に圧力をかけられるのです。

③お金お金

はい、看護協会・連盟の印象が悪いもう一つの要因がお金問題。

看護協会・連盟に入会しているだけで、年間3~4万円の会員費がかかってきます。

これだけでも高いのに、抜き打ちのように「看護協会施設の修繕費8万円」

「駐車場整備費8万円」・・・は?

看護師一人に8万円請求なら夫婦であれば16万円ですよね?

普段から看護師は労働に見合っていない給与なので待遇改善を、などとうたっているあなた方が

何やっているのか?意味不明でしょう。当然、会員への意見も聞かずに勝手に工事して請求してきています。

④宗教でしかない

ここまででも、相当に印象が悪い看護協会・連盟。

僕たちのような普通の看護師はただただ強制入会させられ、お金を抜かれていくだけでしょうが、

協会・連盟の幹部らはよほどの恩恵を受けているのでしょう。

全国の病院・施設に向けて会員になるよう圧力もかけているようですし。

本当に変な宗教にはいらされている気分です。

⑤メリットがない

これまでは、デメリットに関してを書いてきました。デメリットが多すぎます。

今度はメリットは?というと「ありません」

しいて言うなら、毎年看護協会でやっている看護研修の費用が半額になる。半額?無料じゃなくて?

その研修費は1日研修なら6000円 半日は3000円などです。

毎年毎年やっているので、もう研修のネタがなく同じようなことばかりやっている研修。

クオリティーが低く値段に合っていない、よっぽどネット見て勉強した方がましです。

また、きれいな施設での研修ができているでしょう?駐車場がきれいでしょう?などと言ってきますが、

看護師誰一人としてそんなこと頼んでいませんし、ましてや大金を請求されるなんて・・・

メリットないです(笑)

⑥まとめ

意味不明な正義をうたって、強制入会、金銭の要求、幹部は天下りし恩恵を受け続ける、

そして肝心な看護師の待遇は何年たっても変わらない、それどころか悪化している。

その辺の変な宗教の方がましに思える内容です。

僕は、入会こそはしていますが、抜き打ち的な要求の金銭は無視しています。

警察でも国会議員でも大きな組織になってくると必ずの部分が存在します。

看護の世界もその一つだと言えます。

全国の看護師には違った意味での団結をやってもらいたいものです。