看護・ナース

看護師の有給消化率が低い理由とは?いいように使われないために

看護師の有給消化率はどれくらいなのか?

有給をどのようにして取得しているのか?などに迫っていこうと思います。

看護師の有給消化率

2017年度に日本看護協会が実施した調査によりますと以下のようになります。

有給に関して
  • 休暇をとりやすいというニーズを満たしている 40.8%
  • 実際の有給取得率48.3% 付与有給18.5日に対し、実際の取得日数 8.5日 
看護職が職場環境で重要と考える要素
  • 1番目 人間関係(回答者の95.6%)
  • 2番目 休暇をとりやすい(回答者の94.4%)

上記を見てわかることは以下の通りです。

①付与日数の半分も有給がとれていない現状

②看護師も休暇が欲しいと思っている。

看護師の現場の実際

そうなんです。僕たち看護師だってもっと休みたいんです(笑)

どこの病院や施設も看護師不足といって、有給をなかなか使えません。

まさかの1年間を通して、有給を1日も使えないと回答した割合は

3%程・・・

1日も有給使わせないなんて、ありえないですよね。

僕たち看護師は職場によっては、朝も1時間以上早く出勤し、帰りも

1~2時間程の残業当たり前なケースもあります。

残業に関しても残業代も出ない、サービス残業を強いられている職場だってあるのに・・・

これが現在の働く看護師の現状です。

もはやマインドコントロール

看護師が休暇に対して考えていることは、たいていが以下の通りです

  • 休んだら迷惑になる
  • 陰口を叩かれるのが怖い
  • 公休だけでもありがたい
  • みんな有給とれないから仕方ない

僕は看護師を15年以上やっていますが、看護師の方はホントにこんな風に

考えています。

職場にとっては都合がいいばかりですね。

さらには、ホントに体調不良できついのに栄養剤なんか飲んで自分を

偽って働く強者もいます。

朝一の「具合が悪いので休みます」の電話1本ができません。

休んだら職場に迷惑をかけてしまう、少しの無理であれば大丈夫、自分が頑張れば

いだけ、

どうですか?ダークな世界でしょう?もはやマインドコントロールでしかない。

都合よく使われないために

僕の個人的な考えでは、「休んだら迷惑をかけてしまう」と思っていることが

僕からしたら迷惑です。

あなたが体調不良の場合、無理して勤務してもその日1日を乗り切っても

それでさらに体調が悪化して休む日数が増えてしまうことも考えられますよね?

また、他の患者やスタッフに感染させる可能性もあります。

ありがた迷惑もいいとこです。

もし職場が有給をくれない現状であれば、仲のよいスタッフ同士で順番に口裏

合わせて体調不良を理由に有給を請求したら良いでしょう。

体調不良に勝る理由はないのです。

有給休暇はあなたの権利です。使う際に躊躇する必要は本来ないのです

まとめ

今回の記事で、看護師の有給消化率がとても低いことを示しました。

また、看護師は本当は疲れているのに、休みたいのに、マインドコントロール

されているため休暇もとれず働き続けている。

そして、それを当たり前だと植え付けられている。

看護師の皆さん、年間でどれくらいの有給をドブに流していますか?

そのように職場に良いようにされて、あなたに恩恵がありますか?

あなたの待遇が良くなりますか?あなたが病気にかかって働けなくなったら

助けてくれますか?

答えはNO。

明日からマインドコントロールから解放されてください。無理な環境であれば

僕ならさっさと辞めます(笑)

嘘ついてでも有給とって良いと思います。こっちもなりふり構わずになってしまいますが、

職場側も勝手にあなたの有給を何十日も捨てているのでしょう?

今ある現状を当たり前と思わずに、おかしいことにはとことん追求してほしいです。

2019年から働き方改革が始まり、年間最低取得の有給日数5日などいっていますが、

少なすぎます。働かせすぎ (笑)

今回も賛否はあるでしょうが、働きたがりな方はいいでしょう。

しかし、調査で95%が「休みたい」と訴えている現状。

自分の職場がブラック企業か、そうなら素直に認めて今すぐ次の職場を探すべき

だと思いますけどね。