看護・ナース

孤立しやすい看護師の特徴

マイハー

こんにちは、マイハーです。

今回のテーマ、「孤立しやすい看護師の特徴」というテーマで書いていこうとおもいます。

皆さんの職場の中でも、「あの人なんだかスタッフ間で距離を置かれているな」

と感じる方がいませんか?

孤立してしまうには理由があります。なんとなく考えがちな答えとしては・・・

①仕事ができない人

②話がへたくそな人

③意地が悪い人

・・・こんな感じかなと思います。

しかし、意外とこのような人達は孤立していないし、周りともうまくやっています。

別に仕事ができなくても、逆にせかされないで一緒に仕事ができる。

話がへたくそでも、聞き上手な方が慕われる。

意地悪でも同じ意地悪仲間とはグループ関係を持てる。

このように多少くせがあっても孤立の決定打にはなり得ません。

ではここからは、本当に孤立してしまう看護師の特徴を紹介していきます。

目次

①孤立する看護師の特徴とは?

②孤立の怖さ

③孤立しないために

④まとめ

①孤立する看護師の特徴とは?

これには2つの特徴があります。結論から申します。

①他人に乗っかって嫌味を言う人

②病棟の士気を下げる行為をとる人

これらの行為は確実に孤立します。

①他人に乗っかって嫌味を言う人

看護師の世界ではある特定のスタッフを対象にした、悪口や噂は日常茶飯事に行われています。

というかこれが看護師の人間関係をこじらせる要因であり、いじめ問題でもあります。

しかし看護師の現場ではこの嫌味は必須で、嫌味を言って共感し合うことでおかしな仲間関係を築いています。

そしてこのような嫌味をよく言う人はだいたい決まっており、グループ化されています。

嫌味を数人で共感し、いきいきと話し込んでいる場面を見ると、変に盛り上がっているし楽しそうに見えてしまうものです。

あなたがもし、このような楽しそうな様子を羨ましく思ったなら絶対にそのグループに入ってはいけません。

入るつもりはなくても、いつの間にか入っていた。つまり「あなたもそう思うでしょう?」

の言葉に誘われて同意し、そのグループと楽しく話し込んでしまう。

このように、一瞬の快楽のために自分を偽ってそのグループと親しくなってしまうと周りのスタッフからも

距離を置かれてしまいます。またその嫌味グループもその時だけは、あなたと楽しく話をするでしょうが長続きは絶対にしません。

今度はあなたが嫌味を言われる可能性があります。

そうなった時が一番恐れていた「孤立」の状態になってしまうのです。

②病棟の士気を下げる行為をとる人

看護師の仕事の場では、自分一人だけで仕事をすることはあまりありません。

例えば患者の健康管理に関しては情報の共有が必要で、委員会の仕事、何かしらの係の仕事でも

看護師間での協力が必要です。

某看護師

○○に向けてみんなで頑張っていきましょう!

このように看護師間での士気が高い状態の時に

某看護師

そんなの時間の無駄

意味ない

だるい・・・

このような横着な発言や態度をとってしまうと速攻で孤立します。

さらに士気の高い中で孤立すると修復が困難で、最悪の場合「嫌味、噂のターゲットになります」

僕個人的には嫌ならすぐ辞めろるなどの行動を推進していますが、このような場合は違います。

なぜかというと横着な態度をとる看護師は、だいたいが中堅以上の看護師クラスではないでしょうか?

そして、横着な態度がとれるのは自身がその病棟で働きやすいという感情の裏返しでもあります。

自身が今まで努力して築いてきた地位を一瞬で失わないように注意してください

②孤立の怖さ

あなたは看護師の新人として入社し、一生懸命仕事をして先輩看護師から注意を受けながら成長しました。

そして後輩の看護師も多くなってきて、あなたは病棟に欠かせない1看護師に成長しました。

どうでしょう?朝から出勤するあなたの気持ちは?

新人の私

仕事に行きたくない

病棟に行きたくない

つらい、辞めたい

このような気持ちから

ベテランの私

家にいるより仕事が楽

ストレスフリーで働ける

人間関係のプレッシャーがない

このような気持ちへ。

勤続年数が長ければ長いほど自分を取り巻く環境が楽になっていきます。

ここまでの気持ちで仕事に臨めるようになると、いわゆる「安全地帯」に到達したと言えるでしょう。

しかしこの安全地帯にいても、常にリスクがあるこの孤立。

あなたがその地位を利用して、「他の看護師のいじめ」をやったり「横着に行動し空気を読まない言動」を繰り返してしまうと、自分の後輩だったり新人看護師より肩身の狭い状態になってしまいます。

新人看護師は辛い気持ちがあっても、新人というみえないバリアに守られていることや、新人事態もやる気のベールを被っているため忍耐力が多少はあります。

しかしベテランで安全地帯でぬくぬくしていた看護師にそのような免疫はあり得ません。

一気に気持ちが堕落し、「みんなが私を悪く見ている」と疑心暗鬼に陥る、これが「孤立」の怖さです。

③孤立しないために

では孤立しないためにはどうしたらよいのか?

初心にかえってください。

これ以外にありません。

あなたが、まだ病棟の新人レベルだった頃、横着な態度を取ろうとの考えもなかったでしょう。

なんでも素直に聞き、先輩と仲良くなろうと必死ではなかったですか?

その気持ちを思い出してください。多分一度「安全地帯」に踏み込んだ看護師には言うほど簡単ではないことでしょう。

書籍などを読み込むことをおすすめします。

④まとめ

今回は孤立に関して書きました。

孤立しやすい環境下にある看護師は実は中堅、ベテラン域にある看護師です。

自身にとって居心地の良い環境になり安全地帯にいったん入ってしまうと

「何でも自分の思い通りになるんだ」と勘違いが起きてしまう。そうすると周囲もあなたを軽蔑し

慕われなくなることで起こる「孤立」

一度「孤立」してしまうと修復困難、それは安全地帯からの堕落による精神的ダメージがあまりにも

大きいから。

唯一の対策である、初心の気持ち。しかし、ベテラン勢が初心に戻るのは非常に困難。

書籍、ネットなどいろんなツールにて自己啓発が必要。

以上まとめました。

また随時更新していきます。