看護・ナース

コロナによる失業で見えるお金の価値。命と時間に匹敵する?

 こんばんわ(^▽^)/

世の中コロナは第3波といわれていますね・。

第1波より第2波、第2波より第3波と順を追って脅威が増しています。

僕も一応は医療従事者なので、感染対策などしっかりしないとな、

と思いながら毎日生活しています。

コロナが教えるお金と命の矛盾

テレビをつけると暗いニュースばかりですね。

コロナで会社倒産にて失業、コロナでお客さんが激減し店が閉店

このような情報は3日に1回は見ています。

先日で見た番組では、失業したシングルマザーへのインタビューで

「何度死のうと思ったかわからない。」と答えていた母親がいました。 

 

他にも、その日1日をどう生きていくか、どうやって食べていけば・・・ 

みたいな声もきかれていました。

僕はここは日本なんだろうか・・・って思うくらいショックを受けました。

先進国日本、インフラ完備は当たり前、環境も清潔で食べ物も

ほとんどの場合は半径1キロ以内にコンビニなりあって調達できる。

など、先進国らしい表向きがありますね(表向きです。経済、世界に目をむけると

また多くの疑問点がでてきますが・・・)

 しかし今の現状、自殺者も増加傾向、国をけん引していく政府の微妙な判断

など見ていると、なんだかなー・・・

 

世の中お金じゃない

こういう名言がよくありますね(僕にとってある意味名言)

お金じゃない本当の幸せ?今だにピンとこない僕です。

今回の未曾有のコロナ襲撃が物語っていませんか?

お金がないから生きていけない、食べていけない 

「自殺」というサイクルになっている今

お金があれば回避できる自殺、守れる命がある、お金じゃない幸せ?

命より大事なものはないんですよね?幸せより命が大事なら

お金がないから自殺・・・

言葉に矛盾があるように感じるのは僕だけでしょうか、

1つ例をあげるとしたら、お金じゃない幸せを子供との時間、と捉えている方はいると思います。

 

では、その子供との時間がはく奪されたときは?離婚した時などですかね、

確かに死にたいと思うかもですが、実際死にますか?

むしろ「お金がない」この先 どうしたら・・・の方が死んでいる

と思いませんか?

この矛盾を「いいえ」と説明できる人、いましたら本当に教えてもらいたいです。

しかし、今回のコロナで失業、倒産後など窮地をチャンスに変えている人

も多くいます。

どうやってチャンスにしたのか? 

共通している部分は行動」したことが唯一の共通点ではないかと思います。

 

僕はお金や経済の知識がのどから手が出るほどたくさんほしいです。

もちろん子供にも教えます。

ネットビジネス、投資、銀行?保険?為替?

ここで書くと半端ない記事量になるのでやめておきますが、、

僕は現在の世の中、ここまでお金が一番と物語っている世界

を目の当たりにして、きれいごとはいいたくないです。

勘違いしないでもらいたいのは行動が大切といっても、精神的に

できない人もいますよね。

まずは命を一番に考え、動くことができない場合はしっかりと休息を

とる、ではなく休息できる環境に身を置くですかね、

自殺行動を起こせるならできるはずです。

お金お金といいますが、お金は所詮は価値を、それぞれの価値を対等にする道具

ですよね。

今は貨幣、紙幣が主流でも、未来は架空のツールを対価の証とする時代がくるかもです。

常識なんて誰が決めたものでもないですしね。

はやく終息コロナのを願っていますが、行動することをやめずに

ブログ発信していったりもっと経済やお金の勉強していこうと思います。

極論、世の中の流れを先読みできたら最強なのですが・・・ 

地球上の大富豪たちのは努力して先読みし続けていますね。

このブログでは、数多のことに関しては詳しくふれませんが時間を

とって随時発信しようと思います。